420156月

筆跡心理学をベースにした筆跡鑑定の重要性 その1

「筆跡鑑定書を出しても真実が明らかにならないわけ」

現在、司法においての筆跡鑑定は

いまだ警察系OBの鑑定人に一任されている状態です。

筆跡鑑定や民事訴訟に関わったことのない人(ほとんどの人がそうです、むしろ関わらない方が良いでしょう)は、

筆跡鑑定という言葉は知っていても、なじみがある世界とは言いにくく、

TVドラマの影響などからなんとなく筆跡鑑定というものを

黄門様の三つ葉葵の印籠のように決定力のあるものととらえているのではないでしょうか。

「これさえ出せば大丈夫!」

「たぶん鑑定に出せば真実を明らかにしてくれるのではないか」と。

しかし、そう思うのは大きな間違いです。

司法の世界だって政治や経済と同じように大きな闇の部分はあります。

言いにくいことですが筆跡鑑定書を出しても真実が明らかにならない場合はあるのです。

それにはややこしく絡み合った訳があるのです。

筆跡鑑定人は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

  1. 科警研や科捜研,または警察系OBの方(つまり元公務員)の天下り鑑定人。
  2. 民間の専門機関や大学で研究や学習を行った研究人型鑑定人(私はこのタイプです)。
  3. 上記以外、探偵業や調査業など様々な経歴を持つ鑑定人。もちろん、ちゃんとした目を持つ方もいらっしゃいます。

筆跡鑑定人は国家資格ではないので、

はっきり言えば誰でも筆跡鑑定書を作ることができます。

しかし、裁判所が優先するのは

裁判所の鑑定人リストに載っているタイプ1の鑑定人です。

科捜研はTVでおなじみですね。

しかし、あろうことかこのタイプ1の鑑定人から

非常にレベルの低い鑑定書が出てくることがあります。

つまり、鑑定書のレベルが低く、真実までたどり着かないのです。

そのとんでもない鑑定書のせいで

多くの人が苦しんでいる現実があるのです。

そんな馬鹿な、何故そうなるのだろうと思うでしょう。

私自身もそんなことってないだろうと思ってきました。

しかし、実際自分がその世界に関わり、

タイプ1鑑定書を目にすることで様々な問題点を肌で感じることができました。


タイプ1鑑定書の一番の問題点を書きます。

筆跡鑑定は、鑑定文字(書き手が不明の文字)と

対照文字(書き手が明らかになっている文字)を比較して、

同一人が書いたか、別人が書いたかを判断するものです。

タイプ1鑑定書の方法は、

似ている部分と似ていない部分を比較して(比較分析といいます)、

似ている部分が多いから同一人、

似ていない部分が多いと別人といった判断をします。

では、わざと似せようと書いた文字はどうなるのでしょうか?

つまり、この鑑定法ではわざと似せて書く模倣筆跡や、

あえて自分の筆跡をばれないように変化させる韜晦(とうかい)筆跡には対応できません。

その理由を言います。

人間の書く文字はには筆跡個性という書き癖があります。

文字を見たときに「あ、これはあの人の文字だな」

または「あの人文字に似てるな」などと感じることがあると思います。

人は人それぞれに顔が違うように書く文字の形にも書き方の個性が表れます。

だから「あの人の文字だ!」と判断できるわけです。

毎回毎回文字の形が別人のように変化していたらそんなことは判断できません。

そうはいっても人間ですから判で押したように寸分違わない文字を書くことも不可能です。

人の書く文字の形はその時によって(体調や気持ちのあり方、筆記具など)

多少変化するものです。

その変化の度合いが人によって大きかったり小さかったりします。

これを「個人内変動」と言います。


そこでタイプ1鑑定書ですが

「似ている、似ていない」の単純な比較分析ですから、

この個人内変動をうまく扱うことができないのです。

つまり、同じ人間が書いたとしても

個人内変動が大きければ別人となってしまうわけです。

ここで筆跡心理学の出番となるわけです。

筆跡心理学はこの個人内変動をきちんと分析して、

筆跡の相違点を「単なる個人内変動なのか、

または、別人による筆跡個性の違いなのか」を見極めるのです。

(次回に続きます)


 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *