30201611月

不平等とオンリーワン

私達が持って生まれた気質、 個性などの特徴や家庭環境は皆違います。 その違いは見た目や教育、 生活スタイルの違いを作り出します。 「差」ではありません。違いです。 違いは善悪ではありません。 自分より顔が良い、背が高い、…

Read More
2720166月

何を基準にして生きるか

自分の価値観を見出せた人は、 人生の大きな課題を一つクリアしたと言えるのではないでしょうか。 臨終のとき、自分はどんな生き方をしてきたか理解できている人は、 自分の人生を全うできたと思うのです。 嫌われようが迷惑をかけよ…

Read More
720166月

流れを受け止める

人は、苦しいことやつらい事があるとことさらに辛さを強調してしまう。 でもそれは流れていく現実のうちの一つにすぎない。 楽しいことや嬉しいことだって流れの中の現実という意味ではまったく同じ。 つらい時も幸せな時もいつまでも…

Read More
1820164月

アドラー心理学 4

「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学に興味のある方は、 どちらか一方ではなくぜひ2冊とも読むことをお勧めします。 前作に引き続き、私にとって非常に大切な書籍です。 アドラー心理学は、 こ…

Read More
820161月

価値観が定まれば言動も定まる

年が明けました。 今年で53歳になります。 果たして年齢に恥ずかしくない年相応の生き方ができているのか、気になる所です。 自分の価値観を定められているか 価値観に基づいて行動しているか ここ数年、こんな事をとことん意識し…

Read More
4201512月

無駄という言葉について

そういえば私達は「無駄」という言葉を何気なく、且つよく使っています。 先日ある人と会話していた時の事。 自然界の動植物の生態系には一見無駄に思えるような動きがあっても 種が存続、繁栄するためにその無駄に思える部分がうまく…

Read More
14201511月

筆跡心理学が子供たちにできること

現在、義務教育現場では子供たちの多様性に応えるため 民間や地域住民の協力体制をとりいれ様々な取り組みを行っております。 具体的な取り組み内容は各地方自治体によって異なっていますが そういった地方独自の取り組みにおいて、 …

Read More
23201510月

補聴器誘導システムと要約筆記のこと

先日、帯広市の障害者生活支援センターからの依頼で 身体障害者の方対象に筆跡心理学講座を行いました。 定員を上回る多くの方に参加していただき久しぶりに緊張しました。 障害の個所は人それぞれですが、 なんと聴覚障害を持った方…

Read More
220159月

人は自分の価値観で動く

人は一人では生きていけません。 多かれ少なかれ複数のグループに所属して生きています。 そのグループは家族、学校、職場、趣味、プライベート、ボランティア、 宗教、各種団体と様々です。その中で人は自分の居場所を見つけたり、 …

Read More