2120178月

なみさん100歳の文字

2年前に、頭脳明晰スーパーおばあちゃんとしてご紹介した

大正6年生まれのなみさんがめでたく100歳を迎えられました。

100歳といってもなみさんは元気そのもの、

しっかりした文字からもそれが伺えます。

おっとりとした気質はそのままに、会話の内容もしっかりされています。

2年前に比べると腕の筋肉が思うように動かなくなってはいますが、

それでもすらすらと書けています。

若くても(70代くらい)文字を書く習慣のない人は

どんどん文字が書けなくなっていきます。

腕の筋肉が言うことをきかなくなり、

文字を書くという細かな腕の動きがぎこちなくなってくるのです。

100歳になられたなみさんの文字にはそのようなぎこちなさはありません。

高齢になっても文字を書き、自分でできることは自分でやっている人は

衰えのスピードがはるかに遅いです。

やってもらうのではなく、自分でできることは自分でやる。

このような姿勢が、元気で長生きできる秘訣なのでしょう。

もちろん、プラス思考であることは言うまでもありません。

98歳時と100歳時のなみさんの字


一言で100歳と簡単にいいますが、私は今年で54歳、

100歳まであと46年あります。

私にとっての100歳は、

今まで生きてきた自分の人生とほぼ同じ年月を経るということです。

それを想像した時に、

なみさんのような姿を保っているご高齢の人はすごいです。

ここは私もプラス思考で、

私も元気な高齢者になると決め、

明るくものを考えて、周囲を受け入れ、

自分でできることはやっていこうと気持ちを改めるのでした。

(つまり、できてないから毎月同じことを思っているわけです)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *