2720177月

さばさばしていて頑張り屋のノリさん(78歳)の文字

今年の夏は北海道でありながら日本で一番暑い地域となった日が続きました。

なにせ7月上旬に35度以上が続くのですから、

暑さに慣れていない道民はたまったものではありません。

20年ぶりの気候ということです。

 

そんな中の出前寺子屋です。

施設の中は非常に快適ですが(冷房ではなく、水を循環させて温度を調節しているそうです)、

気温差は体に堪えます。

さすがに体力的にも厳しいようで参加者は少なめでした。

その中には、去年から入所されて寺子屋に参加して下さっているノリさん(78歳)もいました。

ノリさんはさばさばしているはっきりした性格の女性です。

ご病気で文字を忘れるということですが、

いつもカラッと「忘れちゃうんだよね~」と言いながら

嫌がったり面倒くさがったりせずにシートに取り組んで下さいます。

会話は非常に流暢で反応も速いので、

最初は文字を忘れてしまう症状が結びつきませんでした。

確かに、最初はご自分のお名前の文字が出てきませんでしたが

最近は割とすんなり出てくる時もあるようです。

月に一度寺子屋で名前を書くことが、

少しでもノリさんのお役にたてていれば良いのですが。

そんなノリさんの文字です。

ひらかなより漢字が出てきにくいようです。

どんな形だったかな…と言いながらスタッフのかたの補助のもとで

ゆっくり仕上げていきます。

今回のB面は国旗です。

(なるべく分かりやすい図形を選んだので、あまり知られていない国になってしまいました。)

出力の機能が思うようにいかない中で、

頑張って取り組む根性のあるノリさんの前向きさは、

たくましさ、こころの強さが光っていました


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *