29201510月

いじめの周辺知識 28/30

携帯登場から価値観の多様化に拍車がかかった

今のいじめは傾向が変わってきているなどといわれている。

しかし便利なツールに囲まれ生活スタイルが変化していくにしたがって

その時代の価値観が変わっていくのは自然の流れだろう。

例えばラインでのいじめ。

昔は携帯がなかった。

だが今は携帯が発明されラインでのいじめがある。

時代とともに変化していくいじめの手法にこだわるよりも

いじめ当事者たちを含む周辺の大人たちの価値観や生き方に焦点を当てなければ

いつまでたっても論点はズレたままなのではないか。

価値観の変化をああだこうだ言うのではなく、

むしろ価値観の多様化による問題提起や

はっきりした価値観を持たずに生きることの意味を考えることが大切なのではないか。

何でも昔と比べることが良いことだとは思わないが、一つだけ昔と今とでは決定的な違いがある。

それは個人が手にすることのできる情報量が爆発的に増えたことだ。

今や携帯(スマホやIフォン)はほとんどPCと同等の機能を備えており

インターネットが全国ほとんどのところで利用できる。

2014年度末の調査で日本はついに携帯等電気通信サービスの契約数が1億5000万件を超えた。

国民一人当たり1台以上の保有ということになる。

今は小学生でも携帯を持っている子供は珍しくない。

安全上の理由もあるため所有させることを良い悪いで決めつけられる問題ではないが

持たせる以上、世の中の仕組みや人間というものを十分理解できない未熟な頭では

うまく取り扱いができない危険な情報に自分の子供が常にさらされていることを親は覚悟しなくてはならない。

いくら危険なものをブロックしたつもりでも携帯に関わるいじめや事件は後を絶たない。

どんなものでも抜け道はあり、悪いことはばれないように行うのは当たり前のことだからだ。

通信サービス事業はそれをうまく利用する人たちにとって莫大な利益を生む巨大マーケットであり、

そこは法で規制することができないビジネスや犯罪に直結する組織の温床でもある。

そんな儲かる市場をおいそれと法でなど規制できるものではない。

利権が絡めばいろいろな圧力がかかるものだろう。

話がそれてしまったが、つまり大量の情報は取捨選択をして使いこなさなければならない。

それは社会的に成熟していなければ不可能だろう。

インターネットによって地球の裏側の出来事も瞬時に把握できる。

世の中はボタン一つで何でもできるといった安易な価値観は、

人間は皆平等でなりたいものになれるなどの発信を

自分の都合良く解釈して自由に振舞う意味を勘違いしてしまう。

今はあまりにも情報量と様々な価値観があふれているため、

経験から培ったしっかりした価値観を持っていないと、

楽な道に流れ自分自身を発見できないまま迷走してしまうだろう。

価値観が定まっていない子供たちが(一部、幼稚な大人も含む)大量の情報にさらされると

核となる価値観や生き方に焦点を絞ることができない。

人間は常に自分を甘やかすものだ。

大量の情報の中にうまい具合に自分の都合の良い楽な方向性を見つけてしまうと

「努力しない言い訳」を振りかざし、

自分に向きあったり突き詰めて考えることをやめて流されることを正当化してしまう。

「自分の価値観、生き方はこれだ!」と思っていても

横から「それって別の人がこう言っているよ」

「その考え方だとこういう時に行き詰まるんじゃない」などと、

他者から突っ込まれたり茶化されたりすると不安になってしまい、

自分の価値観、考え方を引っ込めてしまう。

もちろん、便利ツールであるスマホや携帯を悪者にするつもりはない。

お金と同じで使い方の問題だろう。

携帯は使い方によってはとことん使う人間に「言い訳や甘え」を助長させてしまうものだと肝に銘じなくてはならない。

人の言動を貫くのはその人の生き方や考え方だ。

昔の価値観を押付けるのでない、

情報が溢れている今だからこそ、その中から自分らしい価値観を見つけられるはずだ。

そのためには自分の理想とする生き方を見つけなければならない。

つまり、いい意味でも悪い意味でもお手本となる大人は身近にいなければならないのだ。

好ましい人だけでなく嫌な人や面倒くさい人と否応なく関わって生きることが

自分の価値観を作り上げるためには不可欠だ。

面倒くさくても気が進まなくても他者と直接関わる経験が人間性を作り上げる。

しかし今は、携帯があるおかげで面倒なことには関わらなくて済むようになった。

直接関わった方がいい場面であっても逃れるための様々な理由を大量の情報からうまく見つけてくる。

価値観の多様化を自分を甘やかせる方法でしか利用していない。

そうではなく、誰を尊敬して、誰の様には生きたくはないかをはっきりさせる。

価値観とは自分にとって何を大切に考えるかだ。

例えば時間を大事にする。

これも一つの価値観だ。

価値観が決まればそれに基づいて生きてゆけばよい。

そうなると自分にとって無駄な行動が省かれていく。

人をいじめることに費やす時間こそもったいない、

そんな時間があったら自分の欲求を昇華させる事を探す。

そうするかしないかは自分で決めることである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *